家庭・育児

子供がYoutubeばかり観てしまう。利点と悪影響・正しい付き合い方とは?

YouTubeってほんと面白いですよね。

好みのチャンネルを設定しておけば、自分の興味あるものだけを延々と再生してくれます。

これに子供が食いつかない理由がもはやありません。

テレビ離れが進んでいますが、これは時代の流れといっても過言ではありません。

〜こんな悩みを持つ読者へ向けて〜
  • 子供のYouTubeばっかり観ていて悪影響が出ないか心配
  • 何とか止めさせて、他のことにも興味をもってもらいたい
よめ

普通そう思っちゃいますよね💦

しょー

悪影響にばかり目が行きがちになりますが、

視点と考え方を変えることが重要。

ぜひ、最後まで読んでみてください😊

YouTubeを観る利点・悪影響・正しい付き合い方を解説

〜今回の記事内容〜
  1. YouTubeの利点・欠点の解説
  2. YouTubeとの正しい付き合い方とは?
先に伝える重要事項
  • Youtubeは知識の宝庫・独創性を持った動画を観ることは、子供の教育にも大いに役立つ
  • 子供の興味は何なのか?一緒に観る機会を増やし、コミュニケーションの場を設けよう
  • 効率的にフィルタリング機能を活用しよう
  • 「見させない」という否定は子供の反発につながる可能性
  • 過度の視聴は身体能力の低下・視力の低下につながる
よめ

YouTubeの良いところを汲み取って、

より良い教育に変えていきたいところです。

子供にYouTubeを観させることによる利点

大人しく観ていてくれるから

まず初めに、なぜ子供にYouTubeで動画を観させたのでしょうか??

子守がわりで大人しく見ていてくれるから

しょー

これです。

家事や仕事で手が話せない時に見せておけば大人しく見てくれますし、

子供も自分の目の届く範囲にいてくれるから安心できますしね。

・・・いや、良い意味で言ってるんじゃないですよ??

よめ

問題は大人の都合で見せてしまっていることです。

大人の都合でYouTubeを「見させて」いませんか?

良くも悪くもYoutubeから知識を得ている

YouTubeがあれば、教科書はいらないと言ってもいいレベルまで発展を遂げました。

本当に多種多様なコンテンツがあります。

しょー

自分も最近は、かなり勉強のために見ていることが多いです。

通勤中がそこそこの時間になるので、

ラジオがわりに流しておくことが多いです。

勉強になるのであれば使わない手はありません。

子供も同様です。

年齢に応じた魅力的な動画がたくさんありますからね。

よめ

普段の生活では得られない発想や、

独創性を持った動画を多数見ることは

子供の教育にも大いに役立ってくれるはずです。

YouTubeを観ることで、新しい発想や刺激を手に入れることができる

子供がYouTubeを観続ける際の悪影響

成人向けコンテンツや危険な動画

大人が見ればバラエティーとして判断できるものが、

子供に対しては有害とも呼べるものを見てしまう危険性もあります。

動画と同じように真似をして大怪我をしてしまう・・・

なんてことになった例も少なくありません。

しょー

刺激の強すぎるものは規制の対象になりますが、

年齢に応じて見るものには注意が必要です❗️

身体能力の低下・視力の低下

長時間の視聴によって、目の疲れも溜まってくることでしょう。

テレビをずっと見てると目が悪くなる・・・なんて話はよく聞きますよね。

一昔前のテレビなんかよりもさらに目には悪くなってるんじゃないでしょうか。

スマホやタブレットからうつされる動画は、顔との距離もかなり近いです。

最近はナイトモード等目に優しい機能も完備されつつありますが、

そんな機能が付いているということは、悪影響がある可能性が高いと観る方が妥当でしょう。

さらに、外出の機会が減ってしまえば運動に回す時間も減ってしまうということ。

体力・身体能力にも大いに影響を及ぼしてしまうことでしょう。

  • 長時間視聴による視力低下に注意
  • 外出機会の低下=身体能力低下に影響あり

YouTubeを我慢させることによる悪影響

強く押さえつければ、強く反発する

自分は小さい頃、テレビゲームが本当に大好きで、

小遣いを貯めてはよくゲームを買って遊んでいました。

しょー

そんな私を親がよく思うはずもなく、

すぐに制限をかけてきました。

  • ゲームは1日1時間
  • 宿題は必ず終わらせた後

約束は正直ちゃんと守れていませんでした。

守っていたとしても、親からは嫌な顔をされましたしね。

そういうことが原因かは曖昧ですが、基本的にはやらせてもらえませんでした。

するとどうなるか?

  • 隠れてやるようになる
  • 親から離れた後に思いっきりやる
しょー

結局後から考えれば、

ゲームばっかやっていましたね💧

親の都合で強制的に「ダメ!」と押さえつけるのは、あまりいい解決策とは呼べません

正しいYouTubeとの付き合い方

YouTubeから良い知識を得る

うまく活用すればこれ以上にない教育の機会になります。

よめ

「今の時代だから」というのもありますが、

使えるものは使うべきだと判断しましょう。

乳幼児の子っていうのは、繰り返し同じことをするようなものに興味を示しやすいようです。

だからひたすらに同じ動画を見続けるんですね。

ここですぐに否定して観るのをやめさせることは簡単ですが、

「興味を持ったものを思いっきり見させてあげること」も一つの手なのかなと思います。

しょー

何より自分のように、後々反発されるのが怖いためです💦

大人の都合ではなく、一緒に観る機会を作る

問題は、良い知識を得るための動画に興味を持ってもらえるか?です。

よめ

一人で見させるだけでは解決はちょっと難しいかな?

そこで出番となるのが、我々大人です。

もちろん毎回一緒に観ることは難しいでしょうが、

一つのコミュニケーションの場を設けるということと、

子どもが興味を持った動画は少なからず何を見ているのか?

その把握はしておきたいものです。

しょー

自分がおすすめできる動画なんかを

紹介してあげるのも良い手段ですね。

  • 子どもだけでは勉強になる良質な動画を探して、観るのは難しい
  • コミュニケーションの場として、親が一緒に見る機会を設けることが重要

制限を設けることで危険を回避

しょー

子供に相応しくない動画が心配であれば、

YouTubekidsもおすすめします。

YouTubekidsってなに?
  • 子供向け動画を優先
  • 相応しくないコンテンツをフィルタリング
  • 時間制限等のタイマー機能
  • 視聴履歴を親が管理できる

などなど、親からすれば安心機能が盛りだくさんです。

よめ

有効的に活用していきたいね❗️

ただし、子どもは親が見させたくないと思っているものを見たいものです。

しょー

押さえつける原因となってしまっていないか、

よく考えて活用していきましょう!

YouTubeを観る前には必ず前もっての約束を

いつ見終わるのかもわからないのが、親としては怖いわけです。

  • 〜が終わったら見てもいいよ
  • ご飯が何時だから、何時まで見ても良いよ
しょー

いつ見終わるのかがはっきり親にもわかるのであれば、

安心になるのではないでしょうか?

親子が納得した上で視聴する・させることが重要❗️

まとめ

YouTube視聴の重要事項
  • Youtubeは知識の宝庫・独創性を持った動画を観ることは、子供の教育にも大いに役立つ
  • 子供の興味は何なのか?一緒に観る機会を増やし、コミュニケーションの場を設けよう
  • 効率的にフィルタリング機能を活用しよう
  • 「見させない」という否定は子供の反発につながる可能性
  • 過度の視聴は身体能力の低下・視力の低下につながる

頭ごなしに否定するのは簡単ですが、

それはおそらく正解ではありません。

遊びと学びを両立させる重要なツールとして、有効活用していきたいものです。

しょー

子供の興味がどこにあるのか?

上手にコミュニケーションをとって共に成長していきましょう。

よめ

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました😊

以下の記事では、自宅のテレビでYouTubeが視聴可能になる[FireTVStick]について記事にしています。

しょー

ご参考までにどうぞ✨

とっても便利です👍